ため池の水位コントロールの最適化

YuMake合同会社と近畿大学農学部は、ため池の治水において、水位コントロールの最適化を行う目的で共同研究を行っています。

ため池にIoT気象センサーおよび、ため池の水位測定のための水位センサーを設置することでデータを収集し、降水量と水位の相関を解析。構築した予測モデルと時系列天気予報APIを活用することで、ため池水位の予測を実施しています。また、水位の実績値および予測を可視化することで、管理側からも確認しやすいようにしています。

今後は、ため池の水位コントロールをある程度自動化することで、治水の効率化・最適化を行うことができるよう、検証を進めていく予定です。

PAGE TOP