YuMakeでは、気象情報活用のためのソリューションや、気象データを活用しやすくするためのサービスを提供しています。他社とのコラボレーションによるサービス開発も随時行っていますので、ご希望の方はぜひご相談ください。


気象情報API

気象庁のデータをベースに、アプリやWebサイトなどでの使いやすさ、導入のしやすさを考えて開発したAPIです。天気予報・観測系情報・防災情報の分類で、様々な情報があります。

過去気象データ

気象庁のアメダス、気象官署、メッシュデータを元に過去データを提供しています。ご希望のフォーマットに変更して提供することも可能です。過去データの分析でご利用いただいています。


気象データ分析ソリューション

「気象データ分析ソリューション」は、お客様のデータを掛け合わせ、分析のコンサルティングから分析結果の活用までをサポートいたします。気象データがお客様のビジネスでどのように活用できるか、データサイエンティストおよび気象予報士の知見を活かしながら提供いたします。本格的なデータ分析を行う前段階として、気象データと自社のデータに相関があるのかを診断可能で、統計解析と機械学習による簡易な予測モデルの提供から、お客様に合わせた予測モデル構築・分析結果のレポート作成まで、ご要望に合わせたサービス提供を行います。

ユメトモ 〜 ピンポイント気象データ可視化サービス

ユメトモは、netatmoウェザーステーションとYuMakeの気象データを使用することにより、netatmoウェザーステーションで計測したピンポイントの気温、湿度、降水量などの観測データと、YuMakeが提供する気象データを表示することで、現地の様子を分かりやすくWebで可視化するサービスです。モニターやサイネージで表示することによって、宿泊施設、観光施設、飲食店などの顧客に対して、より正確な現地の気象情報を提供することができます。


気象データ活用コンサルティング

気象データを自社の付加価値として使いたい。気象データを活用して業務効率化を行いたい。そのようなご要望にお答えするため、気象情報を分かりやすく読み解く気象予報士や、データの扱いに慣れた気象データエバンジェリストが力になります。
これまでの気象情報API提供や、アイデアソン・ハッカソン等のイベントで生の声を聞いてきた経験を活かし、お客様と一緒になってアイデア出しをする所から始めます。

WordPress Plugin for YuMake Weather API

WordPress Plugin for YuMake Weather APIは、Wordpressにインストールしていただき、管理画面からYuMakeが提供する気象情報APIのキーを入力し、地域の設定を行うだけで、地域の天気予報と日の出・日の入りの情報を表示可能とするプラグインです。

PAGE TOP